フィボナッチ・ゾーン

【ドル円】【フィボナッチ】【日足】2021年04月14日(水曜日)

ドル円 前営業日の相場

高値:13時台:109.753
安値:04時台:109.020
値幅:73.3

07時台:109.408:BP-S1
13時台:109.753:最高値:↑
16時台:109.295:BP:↓
21時台:109.185:S2:↓
04時台:109.020:↓

昨日は仕事が忙しくて、ブログを更新できず。相場も日中チェックできなかった。その間に、潮目がかわってきたようだ。日本時間は、やや好調に値を上げていたが、欧州勢が参入してくる時間になると、下落を開始。日経記事を読むと、米国の金融緩和策が長期化するとの見方が改めて強まり、円高、ドル安になったとしている。

ドル円 前営業日のトレード

トレードなし。

ドル円 フィボナッチゾーンと節目のポイント

110.967:過去10営業日高値:2021/03/31

110.553:過去5営業日高値:2021/04/06

110.289:R4

110.009:R3

109.753:前営業日高値

109.729:R2

109.643:R1

109.435:21日移動平均

109.276:BP

109.055:前営業日終値

109.020:前営業日安値

109.001:過去10営業日安値:2021/04/08

109.001:過去5営業日安値:2021/04/08

108.910:S1

108.823:S2

108.543:S3

108.407:過去21営業日安値:2021/03/23

108.263:S4

106.258:75日移動平均

105.685:100日移動平均

ドル円 平均足(日足)

1)長期移動平均線上向き
2)中期移動平均線横這い
3)長期移動平均線<ローソク足<=中期移動平均線
4)ストキャスティクス、下降中。

ドル円 ローソク足(日足)

1)前営業日の高値を超えられず。安値は下に更新。
2)陰線
3)上に髭が長い。

ドル円 本日のトレード

節目のポイント、109.00の攻防がありそう。割れると少し大きめに動くのかなあ。潮目がかわってきている。以前までは、米長期金利の上昇を背景に、ドルが買われる状態が続いてきたが、米の財政収支と経常収支の「双子の赤字」に対する懸念からドル安のシナリオが急浮上。週末に日経の記事をまとめておきたい。

下値:

109.020:前営業日の安値

109.001:4/8安値

108.910:フィボナッチサポート:S1

108.823:フィボナッチサポート:S2

上値:

109.276:バランスポイント

109.435:21日移動平均線

109.643:フィボナッチゾーンR1

109.729:フィボナッチゾーンR2

指値で上がったところを売りたいが、いつも通り、今の値から上下どっちかでいきたい。109円のサポートを割れるかどうか。昨日のNY時間の流れを引き継いで、下落する流れが継続するとみている。長期金利も安定しているとのことなので、金利上昇につられて急に上昇するシナリオは考えにくい。

フィボナッチ:S1付近をターゲットに売ろう。

ドル売り:4/14:109.038:決済:108.94:損切:109.276

 

 

 

 

短期トレード向きの「DMM FX」

-フィボナッチ・ゾーン

© 2021 FXりょうちゃんの億トレーダーの道